ご案内

会長挨拶

 マラッカ・シンガポール海峡は、中東からの原油輸送や日欧間等の貿易財輸送の経路上にあり、わが国の経済安全保障上、極めて重要なシーレーンの要衝です。
 しかしながら、同海峡には浅瀬が多く安全航行幅は狭隘で、複雑な海流や変わりやすい風の影響を受ける海路の難所であり、操船技術の発達した現在でも、船長さんの緊張が高まる海峡であります。
アジア各国の経済発展により、同海峡における船舶通航隻数は年々増加、輻輳してきており、海難事故の潜在的危険性は高まりつつあり、しっかりとした航行安全対策の継続が必要です。ただ、この海峡の主要部分は全て沿岸3国(インドネシア、マレーシア及びシンガポール)の領海であり、これらの国の同意なしに航行安全対策はできません。
 マラッカ海峡協議会は、1969年の設立以来、約50年間にわたり政府と民間企業・団体が緊密な連携とご支援のもと、沿岸3国への資金的、技術的協力を行いながら、航路の浚渫、沈船撤去、航行援助施設の整備、作業船舶の提供、海図作成のための測量などを実施してまいりました。その成果として、最近では大きな船舶事故が発生しておりません。このような長期の地道な努力、公平、誠実な業務活動により、当協議会への沿岸3国海事当局からの信頼は厚く、人的ネットワークも緊密です。これは、金銭には替えられない日本の国際海洋外交の貴重な財産であると自負しております。
 今後、同海峡を含む周辺海域での国際海洋情勢が複雑に変化していくことが予想される中で、当協議会が培ってきた沿岸国との強い信頼関係を活かし、わが国の生命線である同海峡の航行安全に関して、日本国として一定のプレゼンスを確保し続けることは一層重要になってきていると考えております。
 今後とも、同海峡の航行安全が確保されるよう、全力で取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。


                        公益財団法人 マラッカ海峡協議会
                                    会 長  武藤 光一

 

 

公益財団法人 マラッカ海峡協議会の事務所案内

地図

所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目12番1号 虎ノ門第一法規ビル 4階

東京メトロ銀座線虎ノ門駅より徒歩2分

東京メトロ千代田線・日比谷線・丸の内線「霞ヶ関駅」より徒歩5分